残念ながら人間は完璧な生き物ではありません。どれだけ注意していてもミスというのは起こるものです。仕事においてもそうですし、日常の小さなことでもあります。そしてこれは運転においても同じです。車を運転している際には、多くの人が事故を起こさないようにと気をつけているものです。交通事故は被害者にも加害者にもなりたくないものです。交通事故の被害者になって怪我をしたり車が壊れたりすることがありますし、加害者になればその逆で誰かを傷つけたり車や自転車を壊してしまうことがあります。怪我をすれば痛い思いをしますし入院をしたり手術をしたりする必要もあります。場合によっては障害を負ったり命を落としてしまったりすることもあります。自分が傷つくのを避けたいのは当然ですが、誰かを傷つけることも避けたいものです。交通事故では体の傷だけでなく、心にも傷を負ってしまうものです。怪我をするだけでなく、その示談の話し合いもとても煩わしく心労もとても大きなものです。このような負担を負わずに済むことができればそれが最も理想的ですから日常の中で心がけて事故を防ぎたいものです。

事故を防ぐためには特に事故が起こりやすい状況の場面でより注意深く行動することが大切です。事故が起こりやすい場所や時間というのはある程度研究で特定されているのです。そこで、ここでは事故を防ぐために交通事故が起こりやすい状況がどのような場面であるかを紹介していきます。